地方公務員試験 地方公務員試験というものは書く都道府県で実施されているのですが、一言で地方公務員試験といっても、いろんな種類があるのです。地方公務員上級の試験になると、試験科目がとても多くなります。教養試験、専門試験、論文試験、口述試験、適性試験、身体検査といわれています。同じく地方公務員の中級の試験種目も同じです。地方公務員初級になると少し試験種目が減少し、教養試験、事務適性試験、専門試験、作文試験、口述試験、身体検査だといえるのではないでしょうか。都道府県によって地方公務員試験の試験種目は異なっている事もあるかもしれません。 地方公務員試験には受験資格がありますね。ほとんどの場合が高卒以上などの学歴と、ネックになってくるのが年齢です。年齢はだいたい二十台になってますから30代になってからの採用は難しいでしょうが、地方公務員試験の再チャレンジ試験として30台の人でも受験出来る物を実施している都道府県ってありますよね。都道府県によって地方公務員試験の受験資格も試験内容も色々とは異なりますから、自分で自分が受験する地域のものは確認しておいたほうがいいのかもしれないですね。過去問題を解いたり、出題の傾向を把握しおけば、合格ラインに入ることができるはずです。過去問題をみて出題されている傾向が多いものを重点において勉強をするのがいいですねー